BUONO!!!

イタリア旅行に行ってきて若干かぶれ気味のブォーノくんです。イタリア語のBUONO!!!(美味しい)の響きが気に入りました。日常の色んなBUONOなことやそうでもないことを書けていけたら良いなと思ってます。

イタリア旅行記③〜続タオルミーナ〜

タオルミーナは見どころがたくさんあった。

ウンベルト通り


f:id:buonokun:20160622213441j:image

f:id:buonokun:20160622213509j:image

f:id:buonokun:20160622213519j:image
とってもキレイ。
セレブな観光客ばかり歩いている。
アジア人は稀なのでけっこう浮く。

f:id:buonokun:20160622213558j:image
いちいち店がオシャレ

f:id:buonokun:20160622213740j:image
この店で一杯ひっかけたかったんだけど時間が無くて断念。


ウンベルト通りの夜


f:id:buonokun:20160623090230j:image
「おいおいどこが夜だよ夕方じゃないか」と思われるかもしれない。しかし、正真正銘の夜20時である。

f:id:buonokun:20160623090426j:image
イタリアの日は、ながーーーいのだ!
なんて素敵な国!


f:id:buonokun:20160623090148j:image
暗くなっても美しい町。
治安も安心安全。

妻がイメトレを重ねて、行きたがってたトラットリアへ。


f:id:buonokun:20160623201744j:image

f:id:buonokun:20160623201752j:image

妻「フツー」

初日のディナーで妻のイタリアの食事熱は一気に冷めた。
日本で美味しいイタリアンに連れて行き過ぎたのかもしれないが、言いたいことはわかった。
塩気がボケてる。あと特に感動がない。
ちなみに下は魚介のサラダ。
イタリアのサラダは日本人が想像するサラダではない。野菜はレモンのスライスしか乗ってなかった。

Vila Ducare


f:id:buonokun:20160623082034j:image
夜レストランでの食事。
イタリアでアサリを食べる時は気をつけて頂きたい。
「ジャリジャリ」言うから。ジャリジャリがダメな方は避けた方が良い。
たぶんイタリア人的には、
「これはこういう物だから」なのだろう。
そしてシチリアで「魚介の〜」を頼むと、もの凄く濃厚だ。日本より海鮮の物価が安いためか、これでもかってくらい使ってくる。
ちなみに私は濃厚すぎる味もジャリジャリもダメだった。ジャリジャリに関しては幼い頃、母の作ってくれたしじみ味噌汁のトラウマである。シチリアのそれは、噛む度にあちらこちらでジャリジャリ言う。

ボロネーゼは今まで食べたボロネーゼの中で一番美味しかった。
柑橘とチーズのサラダは謎だった。我々日本人にはたぶん理解に苦しむ物だと思う。柑橘の水分でチーズが噛む度にキシキシ言う。そしてやっぱり葉物は乗らない(笑)



f:id:buonokun:20160623083343j:image

f:id:buonokun:20160623083354j:image
散々文句言ったけど、景色とサービスは抜群に良い。味つけもタオルミーナで食べた中じゃ一番美味しかった。ここのホテルは最高だ。


f:id:buonokun:20160623083655j:image
奇跡的に夫婦共に眼が覚めて

f:id:buonokun:20160623083717j:image
日の出が見れた。


f:id:buonokun:20160623083755j:image
チャオ、素敵な朝ですね。



f:id:buonokun:20160623084021j:image
朝のセッティング。
色使いが美しい。

f:id:buonokun:20160623084154j:image
朝食はブッフェスタイル。
手前の箱は紅茶。パンはセルフでカット。
シリアルや、ジュース、炭酸水やミネラルウォーターも飲み放題。ジュースがめちゃくちゃ美味しい。

f:id:buonokun:20160623084412j:image

f:id:buonokun:20160623084511j:image
控えめな塩加減が、朝とても優しく感じる。
美味しいフレッシュなモッツァレラが食べ放題なんて日本じゃ考えられない。

我々庶民のアジア人夫婦が
「うおーーすげーΣ(・∀・;)」
とか
「キャーーステキー(*´∀`*)」
とかキャッキャッ騒いでる傍らで、
セレブの欧米人達は優雅にしれっとお食事をなされていた。セレブの道は遠い。

カステルモーラ

タオルミーナの頂上付近にカステルモーラという小さな町があったので行ってみた。

f:id:buonokun:20160623200746j:image
イタリアはメチャクチャ歩く。
特にタオルミーナはすごい坂と階段の登り降りの連続。

f:id:buonokun:20160623200934j:image
着いた!

f:id:buonokun:20160623201024j:image
キレイだなぁ。

f:id:buonokun:20160623201051j:image
イタリアは町によってゴミ回収方法が違うらしく、カステルモーラは家の前にゴミを吊るすスタイル。
住宅が密集している通りは生臭いのが残念…。

f:id:buonokun:20160623201253j:image
頂上の遺跡。

f:id:buonokun:20160623201316j:image
絶景かな絶景かな♪

f:id:buonokun:20160623201347j:image
散々ホテルと海を登り降りした分達成感がある。

f:id:buonokun:20160623201456j:image
さようなら、タオルミーナ
美しい町でした。







シラクーサ編へ続く…。