BUONO!!!

イタリア旅行に行ってきて若干かぶれ気味のブォーノくんです。イタリア語のBUONO!!!(美味しい)の響きが気に入りました。日常の色んなBUONOなことやそうでもないことを書けていけたら良いなと思ってます。

イタリア旅行記①〜いざシチリアへ〜

初めまして

初めまして、ブォーノくんです。
ブォーノはイタリア語のBUONO!つまり美味しいからとってます。
そうです、私美味しい物が大好きなのです。
食べ物とか…お酒とか…お酒とか( ´ー`)
好き過ぎてそれを職業にしてしまった!
そんな安易すぎるブォーノくんの料理のこととか、お酒のこととか、日常のくだらないことを綴るブログです。
どうか皆さん「しょーもねぇブログだなぁ暇つぶしに読んでやるか」と広いお目目で読んでやって下さい。


イタリアへ

もはや新婚ではないのだけど、新婚旅行でイタリアに行ってきました。ボクが仕事で忙しい中、妻が全部手配してくれました…感謝ですm(__)m


初のヨーロッパ、初のイタリアは、全てが新鮮で素晴らしかったのです。
イタリア旅行の魅力も恐怖も皆さんにお伝えしたい。

記念すべき初投稿はシチリアまでの珍道中。

進化していた空港と飛行機

海外に行くのは実に18年ぶり。
少年時代はアメリカに住んでいた時期もあったので何度も飛行機には乗っているのだけれども、今お空の上の事情がどうなってるかなんて全然知らなかった。

ボク「え?成田でしょ?間に合うの?」

妻「羽田だよ。」

ボク「え??今羽田から行けるの!?」


ニュースは日頃からチェックしましょうね…(;´∀`)



最新システムのバーコードでピッとやるチケットがよくわからず、妻は空港で激しくテンパってた。
かく言う私もよくわかってないのだが、なんとかなると思ってた…そう、日本では。
みんな日本語で説明してくれるから(笑)


親切なジャポネのスタッフさん達に誘導され、時代錯誤の夫婦もなんとかエールフランスに搭乗。


乗ってビックリ!なんじゃこりゃ!



f:id:buonokun:20160621015511j:image

すごー( ゚∀゚ )ーっい!!!


音楽も映画も各席でピピッと見れる!
ゲームもあるし、今どの辺飛んでるかもすぐわかる!

そりゃあ18年も経てば変わりますよねぇ(笑)
昔なんて前のスクリーンに映画映してただけだったのに…。



二人で興奮してピッピッやってたら…


f:id:buonokun:20160621010359j:image
スターウォーズ最新作発見Σ(・∀・;)!


妻とウキウキでスターウォーズ鑑賞♪

聞いてた評判よりずっと良かった。



f:id:buonokun:20160621010654j:image
機内食もなかなか美味しかった。なんかのお魚の銀餡がけとかクスクスサラダとか♪さすがフランスの航空会社なだけあってデザートが美味しかった。


食後もタッチパネルをいじいじ…φ(..)

妻が寝た後、気になってた映画クリードも観て…


一人号泣…(´;ω;`)。




Lost baggage

パリの空港は閑散としていた。
深夜のせいかスタッフが全然居ない。

この時はまだ気づいていなかったのだけど、フランスもイタリアも、日本と違って全然アナウンスが無いのだ。こっちですよーみたいな電光掲示板もあんまりない。おまけに人員も日本に比べると少ないので、全然スタッフが捕まえられない。

てか居ない。


あれ?

乗り換えって初めてだけど、スーツケースって一回受け取るのかな?

なにせ間3時間もあるしー……受け取るよね?
何も言われてないし。


必死に探した。




ない…




ない…






ない!





ハワイではよく違う人がスーツケースを持って行きそうになったことが何度かあった…まさかあれか(゜゜;?


再び妻がテンパりだす。



妻「どこ行っちゃったの荷物…(´Д⊂ヽ?」



あそこにロストバゲッジって書いてあるでー!
聞きに行こう!

フランス人の職員に聞きに行くと、大笑いされた。
キミは乗り換えだろう?大丈夫、カターニャまで荷物は行くよ(笑)あっははは!


良かったぁ…(TT)



ほっと胸を撫で下ろし、空港で待機。

朝の空港のカフェでパニーノとコーヒーで軽食をとった。パンが硬くて美味しくなかった。
待ってる間に、現地と味が違うというオランジーナを購入。3ユーロくらいしたと思う。空港だからかな?
…高い(・_・;)

f:id:buonokun:20160621011948j:image
ん〜…たしかに日本で飲むより果実味があって美味しい。甘味料があまり使われてない感じ。
でも3ユーロは出したくないかな(笑)


ボローニャ空港の恐怖

無事飛行機に乗り、今度はパリから一度ボローニャまで。
距離が近いせいか同じエールフランスでも今度は小さな飛行機で、タッチパネルも無かった。


ボローニャの空港はお店が凄かった!

f:id:buonokun:20160621012305j:image

f:id:buonokun:20160621012316j:image

f:id:buonokun:20160621012328j:image


うまそーう(*´`*)!


ボローニャでの乗り換えは一時間しか無かったので、ゆっくりはできなかった。


ハム食いてぇ…ボロネーゼ食いてぇ…orz


美食の町ボローニャもいつか行きたい。


しかし、ここで事件。
イタリアの空港は、フランス以上にどこに行けば良いのかわからない。案内板が最低限しかない。空港の造りも羽田や、パリのものとは比べ物にならないくらい簡素。羽田と比べてしまうとこれ本当に空港?と眼を疑う。

なんか一度一階でバーコードをピッとやらなきゃいけなかったらしいけど、そうとはしらず、ゲートまで行ったら…

空港のスタッフ
チャオ(^^)………オーウ┐(´д`)┌!早く行って(`Д´)つ彡 !!


え(・_・)?



「早く(`Д´)つ彡 !!!」


なんか怒ってらっしゃる…(・_・;)

妻は脅えている…*1

ここに来て確信した。
フランス人と、イタリア人の英語はなんとも聴き取り辛い。
アメリカで英語を覚えた人間としては、聴き取り辛いのだ。例えるなら、関東の人が方言全開の東北の人の話を聴く感じだ。言ってることがほとんどわからない。

そして空港スタッフの対応が酷いというより恐い。なんというか雑。
早くしろとか、靴脱げとか、アゴや指を使って無表情でさ指図してくる。

もう妻はオロオロして、小動物のように怯えていた(((( TДT))))ヒィ


震える小動物を連れて搭乗口までたどり着いた。

イタリア人は並ばない。というより日本人のようにきちっとキレイに並ぶ習慣が無いのだと思う。なのでどこに並べば良いのか、ここで良いのか?これはどこに並んでいる列なのかよくわからない。


何やら従業員が叫んでる。
カターニャ!!カターニャ!!○×△!!


カターニャ(行き)ですが…。


妻「ねぇ荷物大丈夫かな?航空会社変わるから…聞いて?」


ボク「たぶん大丈夫だよ。フランスでカターニャまで行くって行ってたから。」


スタッフ


ボク「なんか怒ってるから行こう」


妻「お願い!聞いて!荷物聞いて*2!!」


スタッフ
カターニャー!カターニャー!!


テンパった妻の震えと、カターニャという叫び声が不安を募らせた。
日本ならアナウンスするところをよもや叫ぶとは…意外とイタリアはアナログだ。


スタッフ「カターニャ

ボク「はい

この人さっきからカターニャしか言ってない。
どうやらイタリアの空港のスタッフはあまり英語が得意では無いようだ。


スタッフ「………(;´Д`)!!」


またか…マジかよ!みたいな顔してなんなんだいったい。
乗れるのか?


スタッフ
これは一階でチェックインしてこなきゃダメなのよ。


そんなこと言われても(TдT)
通れ!早く行け!って言われたよ?


ボク「一階行った方がいい?


スタッフ
ん?…ちょっと待って。
カタカタカタ…φ(..)

妻「何?どうしたの??荷物あった??あたしがチェックインできてなかったの??( TДT)」

ボク「ちょっと待って。荷物はまだ聞いてない」



妻「((( TДT))))ガクガクブルブル」


スタッフ
「オッケー、大丈夫よ。行って。」


なんなんだ。

よくわからないな、結局いいのか。


妻「聞いて!お願い!荷物聞いて(((( TДT))))!

わかった…わかったから。
今度はこっちが恐い。

スタッフ
荷物?チケット見せて。…大丈夫よ。perfect.



ですよねぇ( ´ー`)フゥー...


こうしてボクらは無事に飛行機に乗り、シチリア島カターニャで無事に荷物を受け取り。タクシーでホテルまでたどり着いたのでした(^^)。

今思えば、この行きの飛行機が一番の大冒険だったかもしれない(笑)


続く…。

*1: TДT

*2: TДT